トップページ
トップ
ショップ紹介
アクセス
お問い合わせ
お問い合わせ
電話
TEL

COLUMNコラム

5つのポイント、リノベ向き中古マンションの選び方!

リノベ向き中古マンションの選び方

はじめての中古マンション探し、
理想をカタチにするために見るべき
5つのポイントをしっかりとチェックしてみましょう!

【管理】マンションの管理状態は大丈夫?

共有部の管理状況をまずは確認。
マンションは管理がきちんと行き届いているかどうかで
リノベーション後の住み心地に大きく影響してきます。
エントランスの状況、清掃状況、駐輪場、植栽の手入れ
などを見てみましょう。

【メンテナンス】外壁の塗装やひび割れをチェック!

きちんとメンテナンスされているかも重要です。
マンションの寿命を左右するメンテナンス、
大規模修繕がしっかりと行われているか、修繕履歴を確認しましょう。
あわせて今後の修繕計画やそのための資金が積み立てられているか
一緒にチェックします。

【費用】適切な管理費・修繕積立金とは?

ランニングで発生する管理費・修繕積立金は一般的な平均値と比べて、
設備やサービス内容の確認をいたしましょう。
修繕積立金は築年数を経るほど増額されて行くのが一般的ですので、
修繕積立金が少ない場合は、大規模修繕を行う際に一時金が発生することがあります。
健全に確保されているかの確認も重要です。

【耐震性】地震に備える耐震性

耐震性の目安は築年数を確認。
現行の建築基準で建てられている場合、
震度6強~7程度でも倒壊しないといわれています。
1981年6月に建築基準法施行令大改正が行われているので
1983年築くらいのマンションから採用されていると考えられています。
築年数が古くてもビンテージマンションのように人気があったり、
しっかりと現行基準にあわせて耐震補強を行っているマンションもありますので
内覧をする際に確認してみましょう。

【規約】「出来ること」、「出来ないこと」を事前に確認!

リノベーションを前提でマンションを購入するときは
管理規約を確認することが重要です。
規約上の制限や構造が理由で出来る出来ないのプロの判断が必要になってきます。
現地を見るときは是非お声がけください!

はじめての不動産購入の基本から
お金・物件・リノベプランを同時に考える
中古マンション購入+リノベーションの「賢い」進め方など、
ワンストップセミナーやショールームでお伝えいたします!

是非、物件購入をご検討の方はご相談くださいませ!!

不動産グループ

資金計画、FPサービスを得意とするFINDの不動産プランナー。リノベーション向きの物件や、不動産の売却、有効活用方法など、様々な切り口から不動産に関する情報をお伝えします。

RELATED COLUMN関連コラム

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせフォーム

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお申し込みもお待ちしております。

0120-871-713

受付時間 / 9:00~18:00 定休日 / 水曜日(祝日営業)