トップページ
トップ
ショップ紹介
アクセス
お問い合わせ
お問い合わせ
電話
TEL

COLUMNコラム

【現場日記】カップボードはいかがでしょう

さて、先日完工した工事で、カップボード兼パントリーを造作しましたので、少しご紹介を…

戸建てのリフォームで、キッチンを移設しました。
少し変則的な空間が生まれましたので、カップボード兼パントリーを造作しました。

カップボードは色々な物が置かれます。
食器は勿論カトラリー、家電(電子レンジ、ポット、トースター、コーヒーメーカーなど)、ゴミ箱、食材(特にストック)などなど…。

これらをどう置くのかが大事であり大変なところです。
事前に打合せを重ねないといけないところで、皆様それぞれオリジナリティが出てきます。

今回は、吊り戸棚とタモ集成材のカウンター、同じくタモ集成材の可動棚、どこにゴミ箱を置くか、家電は置けるかなどを事前に打合せを行い決定、造作しました。

計画通りに出来上がりました!
あとはどのようにお客様がアレンジしていくか…これから楽しみです!

さて、この他に、今まで行わせて頂いた施工事例の画像を2枚ほどご紹介。

上の写真のお客様は、キッチンもそうですがカップボードも全て造作(オリジナル)です。
棚下灯も組み込み、グリーンは配置してオリジナリティ満載です。

もうひとつはこちら、OPENな家具をキッチンとダイニングの間に配置して、カップボードというよりパントリー的な使い方をしています。
収納する、という目的だけでは無く、見せられるインテリアの一部として考えたもの。

置くものは考えなくてはいけませんが、キッチンと合わせてトータルでオリジナリティを出せます。
好きなものに囲まれるのはとても幸せですよね。

皆様もキッチン、カップボード、パントリーの改装をお考えの方は、是非お声掛け下さい。

リフォームグループ

お客様の窓口として、ご来店から工事引き渡しまでを担当するリフォームプランナー。お客様のライフスタイルに関する様々なケースを実例を交えてご紹介します。

RELATED COLUMN関連コラム

耐震補強について

本日は木造の耐震補強がテーマです。 2011年の東日本大震災以降、しばらくの間は耐震補強の問い合わせが多くあったのですが、最近は落ち着いて来ているのが実情です。...

2017.03.21 リノベーション/リフォーム

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせフォーム

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお申し込みもお待ちしております。

0120-871-713

受付時間 / 9:00~18:00 定休日 / 水曜日(祝日営業)