トップページ
トップ
ショップ紹介
アクセス
お問い合わせ
お問い合わせ
電話
TEL

COLUMNコラム

リフォームで和モダンなお部屋に!意識すべきポイントとおしゃれな実例3選

「和モダンな暮らしに憧れるけど、リフォームの費用はどのくらい?」
「今の自宅を和モダンにするにはどこをリフォームしたらいいの?」

等の疑問をお持ちではありませんか?

本記事では和モダンのリフォームポイントから、和のインテリアを簡単に取り入れる方法まで詳しく解説しています。

また、魅力溢れる和モダン実例3選もご紹介!

和モダンな暮らしへのリフォーム費用から方法まで本記事を読むだけで丸わかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


目次

1.和モダンとは?

年々人気を増す『和モダン』とは、日本の古き良き伝統的な文化である和風に、現代の暮らしやすい要素を組み合わせたデザインのことを指しています。

和モダンを取り入れることによって近代的な暮らしやすさの中に、和風の落ち着きの両方を楽しめる住まいを実現することが可能に。

日本の昔から愛されてきた畳や障子、掘りごたつ等を住まいにプラスすることによって暮らしやすさと安らぎ、風情を味わえる住まいになることが期待できます。

2.和モダンリフォームポイント4選

和モダンリフォームをするときに大切なポイント3選を紹介します。

和モダンリフォームをお考えの際は、和を多く取り入れたいのか、ほどよく半々くらいのバランスにしたいのか、ざっくりとやりたい内装イメージを持っていることが大切です。

(1)畳・小上がりを取り入れる

ポイント1つ目は、畳・小上がりを取り入れる方法です。

やはり、昔ながらの日本の暮らしを思い描いたときに1番に思い出すのは畳ではないでしょうか?

「畳の上で休むのが1番落ち着く」という方も多くいらっしゃいますよね。

和モダンにリフォームする際にポイントになる『畳』ですが、「まるまる1部屋を畳部屋にするのは抵抗がある」という方には小上がりの畳スペースを設置するのもおすすめです。

リビング等に小上がりの畳スペースを取り入れることで、一気に部屋の印象が和に近づき、また少し休みたい時や来客時等に皆でくつろげるスペースを確保することが可能になります。

また、リビングの隣の部屋を畳部屋にする方法もおすすめのリフォーム方法です。

小さいお子様がいる家庭では子供の遊びスペースに、老後など将来的に2階への移動が不安になった時には1階に畳スペースを設置することで寝室としても長く利用できます。

各家庭ライフスイタイルは様々ですが、畳は年齢問わず長く利用できる点もポイントといえます。

(2)縁側を作る

ポイント2つ目は、縁側を作る方法です。

自宅に庭がある場合は、縁側を設置することで一気に和モダンな雰囲気に!

縁側で夜にビールを飲む、空を見ながら月見をする、庭で子供を遊ばせながら腰掛ける等、縁側があることで風情溢れる日本の暮らしを楽しむことが可能になります。

また、庭のスペースを広く使用したい場合にも縁側はおすすめとされていて、ウットデッキほどスペースを取らずに庭全体を広く使用しながら休めるスペースを作ることができますよ。

リビング等の室内をモダンで統一した際には、縁側があることによって一気に和の印象も与えることができますのでおすすめのリフォーム方法です。

(3)玄関に土間を取り入れる

ポイント3つ目は、玄関に土間を取り入れる方法です。

土間とは、室内と室外の中間のような場所のことを指していて、家族が多い場合や来客がある時等に土間があることで玄関スペースを広く使用することができます。

庭やリビング、家全体とつながりのある空間になるように土間を設置することで、玄関口から和モダンな印象を与えることが可能です。

また、近年は一軒家だけではなくマンションでも玄関スペースに土間を取り入れる方も増えています。

(4)ドアを引き戸に変更する

ポイント4つ目は、ドアを引き戸にする方法です。

引き戸にすることで昔ながらの和モダンな雰囲気に加えて、ドアが開いた状態でも邪魔にならないという利点もあります。

また、引き戸は開け閉めをする際に前後の移動がないことからバリアフリーにも適しているとされています。

将来的な暮らしやすさの面でも利点がありますので、和モダンな暮らしを楽しみたい方はぜひ検討してみてください。

3.和モダンなインテリア選びのポイント

和モダンにリフォームする際には、インテリアにも気を使ってみると家全体がまとまりやすくなります。

ここでは和モダンなインテリア選びのポイント3選を紹介します。

(1)家具は木製に

ポイント1つ目は、木製の家具を取り入れることです。

日本人に馴染み深い木製の家具を使用した和モダンな空間は、落ち着いた住まいを実現することが可能になります。

古くから日本で慣れ親しまれてきた木製家具は、和風空間との相性がよく子供からお年寄りまで幅広い年代で使用可能です。

また、木製家具の多くは、長く愛用することでさらに味がでてくるので子供から大人へなっても愛用され続ける人気の家具です。

なお、部屋全体に開放感を出したい場合には、木製家具でも背の低い家具を選ぶことで空間を広く見せることができますよ。

(2)照明を和風なものに

ポイント2つ目は、照明家具を和風なものにすることです。

照明家具を和風なものにすることで、お部屋全体のオシャレ度が一気に上がり個性的な雰囲気を演出できます。

和をイメージする照明家具は数多くあり、見る角度によって影の柄が変わる麻を使用した照明や一般的なシーリングライトに和紙がプラスされたものまであります。

インテリアやライフスタイルに合わせて好きな和風照明を取り入れることで、家全体に統一感が生まれますよ。

(3)室内はモノトーン調に

ポイント3つ目は、室内をモノトーン調にすることです。

室内をモノトーンで統一させることで、和の雰囲気を残しつつ高級感ある内装に仕上げることが可能。

モノトーンだからこそ、何年経っても飽きることがなく落ち着いた雰囲気の長く暮らせる住まいを実現できます。

また、白色はどんな色とも調和を取りやすく開放感ある印象を与えます。

壁紙や天井、仕切りや障子にも使いやすく、上記で説明した木製の家具との相性も抜群。

モノトーンな空間と木製の家具の相性もよく、和モダンな空間を演出する際にはぜひ取り入れてみてはいかかでしょうか。

4.和モダンリフォームにかかる費用

和モダンにリフォームを行う際にかかる費用目安は以下のようになっています。

スケルトンリノベーション一軒家:1500万円〜2000万円
マンション:700万円〜1200万円
フローリングから和室へ変更約33万円~120万円
床、壁紙の張替え約20万円~50万円
内装約60万円~120万円
玄関約40万円~60万円
廊下約20万円~40万円

一般的にリフォーム費用は、工事箇所が広くなるほど値段も上がる傾向にあります。

基本的なリフォーム費用としては、フローリングから和室に変更する場合は約33万円〜リフォーム可能です。

家全体を和モダンな雰囲気に統一させたい場合はスケルトンリフォームを行うのがおすすめ。その場合の費用は約700万円〜からと考えておきましょう。

和室の良さを残しつつ、内装を和モダンにリフォームする方法や小上がりの設置、玄関先の土間等多くのリフォーム方法がありますので、リフォーム内容でお悩みの方はプロと相談しながら決めていくのがおすすめです。

また、リフォームを行う際に耐震工事等をすると各自治体で減税・補助金制度を受けられる場合も。

リフォームをお考えの際は、使える制度がないかを事前に確認しておくことも大切です。

5.魅力溢れる和モダン実例3選

和モダンリフォームをお考えの際は、多くの実例を見てイメージを固めておくことがおすすめです。

また、何種類かの実例から好きなポイントをピックアップしておくことで、リフォーム会社にやりたいイメージを伝えやすくなります。

ここではFINDで手掛けている和モダン実例3選を紹介します。

(1)終の住まいに!和モダンの落ち着く住空間

築11年の中古マンションを1250万円かけて和モダンの落ち着く住空間にリノベーションした実例です。

今回のリノベーションでは、『終の住まい』をイメージしながらホテルや旅館での宿泊体験を参考に、印象的な要素や機能を内装に落とし込んでプランを練りました。

ポイントは、LDKの小上がりの畳スペース。リビングの間接照明と天井を少し低くすることによって空間に特別感を演出しています。

キッチンは料理に集中できるよう壁付けI型スタイルにワークカウンターをプラス。

大人数で集まった際には、複数人での料理も可能になりました。

洗面室とトイレは機能とデザインにこだわったものを選び、水廻りには七宝紋や伝統的なモチーフを織込んだタイルで上質感をプラスしています。

エントランスにはクリ材(腐りにくく、水湿に強い防腐処理をしなくても土台などに使える木材)のベンチを造作し、廊下は表情豊かなフローリングで木の風合いが感じられる空間に。

和モダンな空間と長く愛着の持てる素材選びを軸に「暮らしていて心地いい空間」が完成しました。

費用1250万円
築年数11年
面積
区分/間取りRC造/2LDK

(2)モダンな小上がりがある、ラフでオープンなLDK

築40年の中古マンションを700万円かけて、モダンな小上がりがあるラフでオープンな住まいにリノベーションした実例です。

ポイントは、LDKの一部として使用できるオープンな小上がり。

室内サッシやデザイン襖を採用したことで、モダンな和室に仕上がり住まい全体の良いアクセントとなっています。

さらに、約66㎡という限られた空間に充実した収納スペースを確保するために、この小上がりの床下全面は収納スペースに。

空間を無駄にすることなく、機能性も計算された収納性抜群のリビングスペースになっています。

奥行きのある土間収納を設けた玄関や、対面式のアイランドカウンターを設けた使い勝手の良いキッチン、室内サッシで程よくプライベートな空間を確保した寝室など、各場所にこだわりを詰め込んだ理想の住まいが完成しました。

費用700万円
築年数40年
面積66㎡
区分/間取り2LDK

(3)どこでも昼寝ができる居心地のいい家

築33年の中古マンションを、1350万円かけてどこでも昼寝ができる居心地のいい住まいにリノベーションした実例です。

今回のリノベーションでは、細切れだった4LDKを広々とした1LDK+WTCへ大胆な間取り変更を行いました。

LDKと廊下は風が通りぬける回遊性のある間取り構成になっていて、床材には素足が気持ちいいザックリとした木の質感とこだわりの内装を採用。

全体的に光を取り込めるよう配置された室内では、「様々な居場所」を作ることで豊かな空間を演出し、寝室には借景が気持ちいいカウンターデスクを配置しています。

和のプロポーションを丁寧に作りこみ、カラーワークや素材を厳選することで大人らしい落ち着いた住空間を実現しました。

費用1350万円
築年数33年
面積88㎡
区分/間取りRC造/1LDK+WTC

和モダンリフォームはぜひFINDにお任せください!

FINDは神奈川県川崎市に本社を構える、リノベーションからリフォーム、不動産売買仲介、空間デザイン、ファイナンシャルプランニング、ホームインスペクションまで一括して行う不動産会社です。

本記事で紹介している和モダンな実例は全てFINDが手掛けていて、公式サイトでは他にも数多くの実例を掲載しています。

FINDは『空間を通じて豊かな暮らしを届ける』ことをモットーに、リフォームからリノベーションだけではなく家を建てた後のローン返済計画まで一緒に考えさせていただいています。

また、工事完了後のアフターサービスも充実しておりますので、ぜひ和モダンリフォームをお考えの方は1度FINDまでご相談ください。

担当者があなたに寄り添った最高のリフォームプランを計画させていただきます。

海老澤 知絵

ライフディレクション事業部 設計チーム / 一級建築士 / 既存住宅状況調査技術者