トップページ
トップ
ショップ紹介
アクセス
お問い合わせ
お問い合わせ
電話
TEL

COLUMNコラム

【現場日記】鋭意、屋根工事中!

上棟後、一番最初に着手する工事が屋根工事です。

まず、野地(野地合板)と呼ばれる材料をかけていきます。
今回は陸屋根の為、かけるというより、敷いていくといった方が適当でしょうか。

屋根(小屋組)は建物の最上階に位置しているため、風圧力を一番大きく受け、地震時には一番大きく変異する部分です。
そのため、野地は小屋組みの剛性高める効果があり、耐力壁や剛床等と同様、構造上重要な箇所になります。

野地をかけ終わると、通常の家型屋根の場合、ルーフィングと呼ばれる防水性のあるシートを貼っていくのですが、今回は陸屋根で、アイカ工業さんのジョリエースと呼ばれるFRP防水を採用しているため、少し工程が異なります。

まずは断熱材を敷き込みます。
断熱の充填等、施工後隠れてしまう箇所などは、写真を撮って管理していきます。

断熱を敷き込んだら、改めて合板を貼っていきます。
合板を貼ったら、防水工事が入るまで、雨が入らないよう、しっかりとビニール養生をします。

アイカ工業さんのジョリエースの施工断面
今回は、はじめてノンケイカル工法を採用。

職人さんが丁寧に作業してくれています。
複数回の工程を経て、屋根の防水を仕上げていきます。

屋根や外壁の工事は、天候に左右されるため、工期が読みにくいのですが、今回は比較的順調に施工を行うことができました。

続きはこちら
【現場日記】新築戸建、ついに竣工

矢作 和也

ビルディング部 施工管理チーム / 一級建築施工管理技士