トップページ
トップ
ショップ紹介
アクセス
お問い合わせ
お問い合わせ
電話
TEL

COLUMNコラム

リノベーション費用の相場を施工事例付きで解説|総額を抑えるには?

リノベーションの費用は、物件の築年数や工事内容、依頼する施工会社などの要素で変わってきます。特に、全面リフォームの場合は価格も高くなりがちです。こだわりのポイントを押さえながら予算内でリノベーションをするには、どういった部分に気をつけたら良いのでしょうか。今回は、リノベーションの基礎知識や、施工事例付きの費用相場、工事費用を抑えるためのコツなどをご紹介します。


目次

住まいの空間に新たな価値を生み出す、リノベーションの基礎知識

リノベーションとは?

リノベーションは、既存の建物に工事をして、新築の状態よりも性能やデザイン性を高めることを指します。
例えば、リビングにある仕切りの壁をなくし、オープンキッチンにして、開放感を出すのもリノベーションに含まれます。ライフスタイルに合った間取りや内外装に変更する工事、耐久性や耐震性を高める工事なども同様です。

リノベーションには、部分的なリノベーションと、建物全体を一新するスケルトンリノベーションがあります。スケルトンリノベーションは、建物の内装を解体して、骨格のみ残して刷新することが特徴です。スケルトンリフォームやフルリノベーションともいわれます。中古の一戸建てや購入した分譲マンション、古民家などで実施されることが多い工事です。

リノベーションとリフォームの違い

一般的には、老朽化した建物が、新築時と同等の性能に戻す工事をリフォーム、新築時以上の性能に高める工事をリノベーションと呼ぶことが多く見られます。
ただ、両者ともにはっきりとした定義が決まっているわけではないため、同義として使われることもあります。

一般的にリフォームとされるものの例には、壁紙の張り替え、キッチンやトイレの入れ替えなどがあります。
壊れたり、汚れたりしている部分を直してきれいにする、もしくは新しくすることをリフォームと称するケースが多いようです。

リノベーション費用の相場

※「FIND」の実例をもとに、リノベーションの平均相場を広さ別にグラフ化しました。

リノベーションの費用は、お部屋の面積が広いほど高くなる傾向にあります。刷新するスペースが大きいほど、素材の費用や人件費、解体費などが発生するためです。もちろん、リノベーション内容に応じて費用は変動し、相場の価格帯から外れることがあります。

50㎡であれば500万円前後から800万円未満の範囲で収まるケースが多くなります。ファミリー向けのように面積が広い中古住宅の場合、工事費が1000万円を超えることも珍しくありません。一括での支払いが難しい場合は、リフォームローンを組んで対応することがあります。希望する物件の広さや予算などを考慮して、実現可能なプランを組むことが大切です。

スケルトンリノベーション(リフォーム)の相場

一戸建て

一戸建ての場合、スケルトンリノベーションを行うと1500~2500万円の費用がかかるケースが多く見られます。耐震性を高める工事や、屋根・外壁の工事、サッシの交換など、マンションでは難しいリノベーションも可能な分、費用もかさみがちです。新築や建て替えと比較すると安く済むこともあるため、メリット・デメリットを比較して判断してみましょう。

マンション(中古)

中古マンションをスケルトンリノベーションする場合、700~1200万円かかるのが目安です。基本的に共用部分は工事できません。その分、内装や設備機器交換に予算を割くことも可能です。フローリングの張り替えや床材の変更は、マンションによっては不可とされることがあるため、管理規約を調べておきましょう。

部分的なリノベーション(リフォーム)の相場

リビング

家族が集まるリビングは、特にこだわってリノベーションしたいと考える方が多いのではないでしょうか。フローリングや壁紙、建具の交換など、最小限のリノベーションであれば80万円ほどで実施できます。キッチンや造作収納などが絡むと300万円くらいになることも。施工したい箇所が多い場合は、間取り変更を含む大掛かりなリノベーションも視野に入れたほうが良いかもしれません。

和室

和室のリノベーションは、総額33~120万円が目安です。洋室につくりかえる方法もありますが、和室の良さを残しつつ、内装をモダンに仕上げる方法もあります。ふすまを取り払ってLDKとの続き間をつくる、小上がりを設けるといったリフォームも可能です。

キッチン

キッチンのリノベーション費用は、80~250万円です。水栓やガスコンロ、換気扇などの位置を変えると、コストが高くなる傾向にあります。システムキッチンのグレードやオプションなどによっても金額が左右されます。

ユニットバス

ユニットバスのリフォームは、70~150万円の価格帯で行えます。既存のユニットバスを新しいものに交換するだけなら、費用や工期はそれほどかからずに済みます。浴室のスペースを広げたり、1階から2階へ移動させたりといった工事をする場合は、十分な予算が必要です。

フローリング


フローリングのリノベーション費用の目安は80~150万円
です。床の面積や、フローリングのグレードに応じて値段が変わります。また、既存の床を残したままの「重ね貼り」は、全面的に張り替えるよりも安く済ませられます。

リノベーション費用を抑えるポイント

優先順位をつける

リノベーションでやりたいことをすべてしようとすると、高額になってしまうことが多くなります。要望を詰め込みすぎず、予算内に収められるように調整することが大切です。リノベーションにおいて譲れない条件を明確にしておくと、プランを練るときに役立ちます。リフォーム会社へ依頼する前に家族同士で話し合い、意見をすり合わせておくと良いでしょう。

既製品を組み合わせる

壁紙や床材、各部屋の設備、照明など、リノベーションで刷新するアイテムは意外と多いもの。こういったものの色や仕様などをフルオーダーすると、費用が高くなりがちです。既製品を選び、組み合わせることで費用を抑えやすくなります。既存のアイテムをうまく取り入れながら、お好みのインテリアをつくりましょう。DIYにより、ご自宅のサイズにぴったりと合う家具

水まわりの位置を移動させない

キッチンやトイレ、お風呂などの水まわりを移動する工事は、水道の配管移動に要する費用が発生します。排気ダクトや照明の移動、壁紙の補修なども必要になるため、どうしてもリノベーション費用がかさんでしまう部分もあります。予算の調整が必要な場合は、水まわりを移動させないプランを組むことで、大幅にコストカットできるかもしれません。

補助金、減税制度を利用する

リノベーションの内容によっては、各自治体の設けている補助金や減税制度を活用できることがあります。制度の対象となるのは、耐震リフォームやバリアフリーリフォーム、省エネリフォームなどです。リノベーションの目的が該当する場合は、ぜひお住まいの自治体の制度を利用しましょう。

ワンストップ型のリノベーション会社を利用する

リノベーションをするときは、主にハウスメーカーや地域の工務店、リフォーム会社などへ依頼することとなります。
費用を抑えたいときにおすすめなのが、ワンストップ型リノベーション会社です。物件探しやリノベーション、住宅ローンの相談など、住まいに関するサービスをワンストップで提供する会社なら、総額の予算内に金額を調整しやすいメリットがあります。一貫してリノベーションをサポートしてもらえるワンストップ型の会社なら、物件の購入費用とリノベーション費用のバランスを見て、適切に配分してもらいやすいためです。

また、リノベーションの内容だけでなく、適正な予算や、資金計画に関しても相談できます。ご自宅の購入やリノベーションなどを検討中なら、ぜひワンストップ型サービスを提供する会社へ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

リノベーションの費用にお悩みなら、FINDへご相談を

リノベーション費用は、多岐にわたる要素で変化します。ご自宅のリノベーションがいくらで行えるのか、いまいちイメージできないという方も多いはず。詳しい工事費を確認するには、一度見積もりを出してみるのがおすすめです。費用を抑えながら理想のリノベーションを実現したいときは、ぜひFINDへご相談ください。リノベーションに適した中古物件の提案や、施主様のイメージを反映させた具体的なプランニングなどにより、おしゃれで快適な家づくりをご提供します。

不動産グループ

資金計画、FPサービスを得意とするFINDの不動産プランナー。リノベーション向きの物件や、不動産の売却、有効活用方法など、様々な切り口から不動産に関する情報をお伝えします。