トップページ
トップ
ショップ紹介
アクセス
お問い合わせ
お問い合わせ
電話
TEL

COLUMNコラム

中古住宅リノベーションで理想を形に!真似したくなる実例4選も紹介

「中古住宅を購入してリノベーションしたいけど、どこから始めればいいの?」
「リノベーション会社って、どう選べばいいの?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では中古住宅リノベーションがおすすめな理由から、リノベーション会社選びのポイント、予算の決め方まで詳しく解説しています。

また、FINDで手掛けている真似したくなるリノベーション実例4選も紹介!

中古住宅リノベーションでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


目次

1.中古住宅リノベーションがおすすめな理由

近年、中古住宅を購入してリノベーションを行う方は増えています。

その理由として、『新築よりも安価に、好立地で好条件な家が見つかること』があります。

国土交通省が発表している『令和3年度住宅市場動向調査』によると中古住宅の平均購入額は2959万円。

一方、新築注文住宅の場合で5112万円、分譲住宅では4250万円と中古住宅の平均購入額は新築購入時よりも1000〜2000万円ほど安くなっています。

また、新築住宅は好立地であればあるほど価格も高い傾向にあるため、駅チカや交通の便がいい場所に住みたい場合には平均金額より高くなってしまう場合も。

そのため、安価な中古住宅を購入し自分好みにリノベーションして暮らす人が増えています。

2.中古住宅リノベーションを始める前に決めておくポイント

中古住宅のリノベーションを始める前には予算や工事期間の過ごし方、依頼するリノベーション会社について事前に決めておくようにしましょう。

ある程度の条件を事前に決めておくことで、リノベーションをスムーズに進められるようになりますよ。

(1)予算

リノベーションを始める前に最初に決めておきたいポイントが『リノベーション予算』です。

一般的なリノベーション平均費用は、50㎡であれば500万円前後から800万円未満とされています。

また、中古住宅では既存のものをうまく利用しながら工事を行うことでリノベーション費用を抑えることも可能。

予算で迷ってしまった場合には本記事で紹介している各場所別のリノベーション費用の目安を参考にしてみてください。

リノベーションの予算を事前に決めておくことで工事に優先順位がつけられ、自然とこだわりたいポイントも明確になっていきます。

大まかな予算を最初に決めてから、リノベーション会社のプロに相談していく流れがおすすめです。

(2)工事期間の過ごし方

リノベーションを行う場所によっては工事期間が長期になることも予想されます。

一般的な中古住宅のリノベーション期間は以下のようになっています。

フルリノベーション1ヶ月〜2ヶ月
キッチン1〜3日
トイレ1〜3日
浴室2〜3日
居室2〜7日
間仕切り壁を増設4〜7日
間仕切り壁を撤去5~10日

自宅をリノベーションする場合にはその期間にホテルやアパート等を確保しておきましょう。

また、中古住宅を購入してフルリノベーションを行う場合には購入後上記のリノベーション期間にプラスして設計期間1ヶ月〜2ヶ月も含めて計算しておくといいでしょう。

(3)やりたいリノベーション内容

リノベーションを始める前にはある程度やりたいリノベーション内容を決めておきましょう。

リノベーション会社にいくと、「様々な提案をされ悩んでしまう」「あれもこれもとプラスしたくなってしまう」という方も少なくありません。

悪いことではないですが、大幅な予算オーバーを防ぐためにも『水回りの設備交換』『キッチンから子供部屋までの間取り変更』等ざっくりと希望を決めておくことがポイント。

明確にやりたいリノベーション内容が決まらない、という方は多くの実例を見ておくこともリノベーションを成功させるための近道になります。

実例を見てイメージをふくらませることによって、実際リノベーション会社に行ったときに理想の形を伝えやすくなりますよ。

また中古住宅リノベーションの場合には、工事を始めてから家の中に不具合が見つかってしまう場合も。

工事中の不具合発覚を防ぐためには、ホームインスペクションがおすすめです!

購入前にホームインスペクションを済ませておくことでリノベーションをスムーズに行え、かかる費用の節約にもなります。

FINDでは中古住宅の購入からホームインスペクションまで一貫して請け負っています。

ホームインスペクションについてはこちらの記事で詳しく紹介しているので気になった方はぜひ覗いてみてください。

(4)依頼したいリノベーション会社

リノベーションを始める前には、信頼できるリノベーション会社を見つけておきましょう。

上記で説明した予算や工事内容、工事期間の過ごし方に悩んでいる場合にもリノベーション会社に相談することで最善策を提案してもらえます。

中古住宅をリノベーションする際は、下記のことに注意してリノベーション会社を選ぶのがポイント。

●紹介している実例を見て、自分の行いたいリノベーション雰囲気にあっているか確認
●アフターサービスが万全かどうか
●ホームインスペクションを行っているか

株式会社FINDでは、公式サイトで数多くの実例を価格からリノベーション方法まで詳しく紹介しています。

また、ホームインスペクションからアフターサービスまで万全。メーカー保証とは別に工事保証書を全てのお客様にお渡ししています。

定期的なメンテナンスはもちろん、気になることや、ちょっとしたご相談などまで気軽にできるような、お客様と末永いお付き合いをできる不動産会社を目指しています。

3.【工事場所別】リノベーションにかかる費用

各工事場所別に、リノベーションにかかる費用の目安を紹介します。

リビング約80万円~300万円
キッチン約80万円~250万円
和室約40万円~60万円
寝室約20万円~40万円
収納約40万円~60万円
廊下約20万円~40万円
玄関約40万円~60万円
浴室約70万円~150万円
洗面・脱衣室約20万円~40万円
トイレ約20万円~40万円

上記の価格はあくまで目安ですので、工事する場所の広さや設備状況によって価格は変動します。

ざっくりと予算の目安を知っておくことで、今後不動産会社に依頼した際に提示された金額が適正価格かどうかを判断できるようになります。

また、キッチンやトイレ、洗面所等はリノベーションする際に使用したい設備グレードによって金額は大幅に変わってくる場合があります。

あまりにも予算をオーバーしてしまうときには、1個下のグレードとの違い等も見比べて検討してみるのもおすすめです。

4.真似したくなるおしゃれな実例4選

中古住宅の内装リノベーションをお考えの際には多くの実例を見てイメージを掴んでおくことがおすすめです。

多くの実例から真似したいポイントを見つけておくことで、自分だけの理想の住まいを完成させる近道になりますよ。

ここではFINDで手掛けている真似したくなるおしゃれな実例4選を紹介します。

(1)これからも、手をかけながら暮らしたくなる住空間

築21年の中古住宅を、1000万円かけて全面リノベーションした実例です。

間取りはほぼそのまま使用し、もともと明るい2階リビングには爽やかなミントグリーンのアクセントクロスを採用し開放感あふれる空間を演出。

ポイントは黒く塗装した迫力のあるおしゃれな階段。部屋全体の雰囲気と統一させるために、ダイニングにはアイアン製の腰壁(腰の高さより下の位置に設置される壁)とアクセントクロスを使いメリハリあるインテリアにしました。

すべてを変えるのではなく、既存のものをうまく利用した『理想の住まい』が完成しました。

費用1000万円
築年数21年
面積125㎡
区分/間取り木造3階建て/3LDK

(2)理想のヴィンテージスタイルをカタチにした住まい

築18年の中古マンションを費用900万円かけてワンストップリノベーションした実例です。

お子様が小さいうちは広いLDKを優先し、将来間取り変更を行えるように考慮しながらリノベーションプランを計画しました。

ポイントはヴィンテージミックスをテーマにした洋書に登場するようなLDK。

家族が集うLDKにはパーケットフローリング(木片を寄せ集めて作られたデザイン性のあるフローリング)・板張りのアクセントウォール・アクセントクロスなど素材にこだわりながらリノベーションを行っています。

また、造作キッチンは窓から光がたっぷり入る海外のおしゃれキッチンをイメージ。シンクや水栓、食洗器、コンロ、面材、取っ手など、好みのパーツを別々に取り寄せ一つの形にした、オリジナルのキッチンが完成しました。

LDKに予算を集中しリノベーションを行う一方、その他の各部屋や洗面、浴室、トイレなど状態の良かった場所は好みのインテリア内装で仕上げることで理想の空間をコスパよく実現しました。

費用900万円
築年数18年
面積83㎡
区分/間取りRC造/2LDK

(3)中古住宅を自分達の好きなようにリノベーション

築22年の中古マンションを1200万円かけて、自分たちの思い通りにリノベーションした実例です。

今回のリノベーションで特にこだわったのは広々としたLDK。

キッチンは対面スタイルに間取り変更を行い、家族の気配を感じながらTVが見れるようにリノベーションしました。

フローリングにはオーク材を採用することによって、木の柔らかい印象がやさしい空間を作り出しています。

また、甘すぎる空間にならないようにリビング扉は黒に、生活動線は将来を見越して使いやすいように収納を制作しました。

可変的に使える小上がりや、旦那様がこだわりたかったこもり部屋等さまざまな暮らしのシーンを楽しめる住まいが完成しました。

費用1200万円
築年数22年
面積91㎡
区分/間取りRC造/2LDK+WIC

(4)シンプルなくつろぎを感じられる住まい

築33年の中古マンションを1150万円かけてワンストップリノベーションした実例です。

間取りを大きく変更し、玄関から延びる2階への階段をオープンにすることによって明るく伸びやかな住まいを実現。

全体的にシンプルな空間に、素材やスイッチなどのディテールをこだわってリノベーションを行いました。

天井は躯体現し(仕上げのクロス貼りや塗装などを行ったりしない剥き出しの状態のこと)に、キッチンはステンレスの対面型、壁紙には無垢材のウォールナット(高級木材)と白い土壁を利用することで統一感のある温かさ溢れる空間になっています。

また、ダイニングキッチンから続くリビングは、収納を壁際に持ってくることで広い空間を実現。

将来的にはリビングにワークデスクを並べて、家族が一緒に過ごす時間を大切にできる空間となりました。

費用1150万円
築年数33年
面積
区分/間取りマンション/2LDK

5.リノベーションを行う際に使用できる補助金・減税制度

中古住宅を購入してリノベーションを行う際に使用できる補助金は以下のものがあります。

(1)長期優良住宅化リフォーム推進事業

中古住宅リノベーションで、耐震・省エネ性能などが高い「長期優良住宅」などへ改修する場合に、補助金の給付を受けられます。

給付額は対象費用の3分の1とされ、補助額上限は250万円です。

(2)住宅ローン減税

中古住宅を購入してリノベーションする場合は、所得税から毎年一定額差し引かれる住宅ローン減税を利用することができます。

住宅ローン減税の控除率は0.7%、控除期間は10年間を原則とし中古住宅では『新耐震基準に適合していること』が条件です。

新築住宅を購入する場合と、条件や適用年数が変わってきますので間違えないように注意しましょう。

(3)フラット35の金利引き下げ

補助金や減税制度とは少し異なりますが住宅ローンのフラット35にも、中古住宅向けの金利優遇策があります。

フラット35では、中古住宅を購入して一定のリフォーム・リノベーションを行うと以下の措置を受けられます。

●金利Aプラン→10年間、金利0.5%引き下げ
●金利Bプラン→5年間、金利を0.5%引き下げ

対象になるリフォーム・リノベーションは省エネ性、耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性の4つです。

上記4つの中からいずれか1つでも工事を行っていれば、金利優遇を受けられます。

また、各自治体で補助金制度を設けている場合もありますのでリノベーションを行う前には、事前に市役所等に問い合わせてしおくと安心です。

リノベーションにFINDがおすすめな理由

FINDは神奈川県川崎市に本社を構える、リノベーション、リフォーム、不動産売買仲介、空間デザイン、ファイナンシャルプランニング、ホームインスペクションまで行うリノベーション会社です。

FINDではリノベーション向き物件の提案から将来の不安を解消する資金計画、理想の暮らしを実現するリノベーションまで一括して提案できるワンストップサービスを提供しています。

プランナー、設計士、不動産のプロ、FPがチームになって理想の住まい造りのお手伝いを行わせていただきます。

また、FINDでワンストップサービスを利用いただいたお客様には、手数料割引や工事金額に応じてインテリアのプレゼントサービスも!

まずはお気軽にお問い合わせください。

海老澤 知絵

ライフディレクション事業部 設計チーム / 一級建築士 / 既存住宅状況調査技術者