トップページ
トップ
ショップ紹介
アクセス
お問い合わせ
お問い合わせ
電話
TEL

COLUMNコラム

【現場日記】戸建リノベーションで、気をつけなければいけないこと

本日のブログは戸建の増築工事について。

敷地に余裕があり、お家を広くして、広いLDKを作りたいとのこと。

FINDではお客様の夢を叶えるため邪魔な既存の柱を抜いたり、筋交いを入れ替えたり、構造計算をした上で変更致します。
木造の建物は柱と梁でできていますが、そこに筋交いを入れることによって面を作り、地震の力や風の力に耐えられるようにします。

筋交いの数が規定以上の数を有するだけでなく、筋交いをどう配置するかというのも重要です。

バランス良く配置することで横揺れの力が加わった時に建物がねじれないようにします。
例えば建物の北側に筋交いの補強をしたら、南側にも補強をしてあげるとバランスが崩れません。

数やバランスをクリアしながら、リビングダイニングキッチンを広く取る計画としました!
どうしても抜けない柱は、お客様に状況をお伝えして了承をいただきました。

また、上屋が丈夫でも基礎としっかりと緊結していないと、建物が転んでしまいます。
そこで大事なのがホールダウン金物。

この金物を設置することによって上屋と基礎を緊結し、建物の浮き上がりを防ぎます。
神戸の大震災以降、接続金物が見直され、現在の建物には法律上必須となっております。

このように、お客様の要望と安全を同時に叶えるために、FINDでは専門知識を有したスタッフが構造とのバランスをしっかりとチェックした上で、プランの作成をさせていただいております。

リフォームするときは普段見れない壁の中をチェックしてみると良いと思います。

矢作 和也

ビルディング部 施工管理チーム / 一級建築施工管理技士