トップページ
トップ
ショップ紹介
アクセス
お問い合わせ
お問い合わせ
電話
TEL

COLUMNコラム

リノベーションのデメリット

リノベーションのデメリット

前回はリノベーションのメリットはご紹介いたしましたが、
今回はデメリットをご紹介させて頂きます



前回のコラム
           
『リノベーションのメリット』はこちらから






デメリット①:間取りが制限される場合がある

リノベーションは基本的間取りや設備など様々な変更が可能ですが、
建物の構造によって制限される場合があります



例えばマンションの場合は、

・取り除けない柱、壁がある
・配管の関係上、水回りの設備を大きく動かしにくいこともある
・管理規約によって改修に制限がかかることがある(使用する床材等)


戸建ての場合でも同様に、

構造体(耐震や耐久性などの構造上必要な柱や梁)が密接に関わってくるため、
間取りに制限を受ける場合があります

また、増築に関しても法規制によっては確認申請が必要になる場合もあります



デメリット②:すぐに住むことができない

リノベーションやリフォームをする場合は中古物件を購入し、
引き渡しからすぐに入居することは出来ません

まず、工事を行うための物件の調査をし、
リノベーションの計画を立て、解体し工事が始まります

また、リノベーションにこだわりがある場合には
時間をかけて打ち合わせをしたり、
大規模な工事となり完成までに時間がかかるケースもあります

リノベーションの内容で異なりますが、
一般的に工事開始からの引き渡しまでにかかる期間は
およそ2ヶ月から3ヶ月と言われています

「いつまでに住みたい」など期限決まっている場合には注意が必要です



デメリット③:解体してみて初めて分かる問題とコスト

基本的に、中古物件購入時に確認できるのは表面状の問題点

見た目には問題がない物件でも
いざ解体をしてみると機能や性能面で問題があり、
補修に想定よりもコストがかかる場合があります

もちろん、新築ではないため
ある程度想定して補修費用は取っていますが
どうしても解体をしてみないと分からない部分があります

例えば、
柱にヒビが入っていたり、
天井や壁に雨漏れがあったり、
排水管に水漏れがあったり、など

予期せぬ費用が発生する可能性は否めない事実です



 まとめ

中古物件を購入してリノベーションすることは
さまざまなメリットから理想の暮らしを叶えることが
新築などと比べると実現しやすいと言えます

しかしながら、リノベーションの自由度は物件で差があり、
個性的なリノベーション物件の再販は難しい点、
入居までの準備期間が長くなることや
想定外の工事と費用などデメリットも多くあります

それぞれのメリットとデメリットを理解して
どのような住まいをどのぐらいの予算で実現したいのか
事前に検討しておくことがリノベーションを成功させる秘訣です


弊社へのお問い合わせは
           
『よくあるご質問』はこちらから


           
『ご相談・ご来店 お問い合せフォーム』はこちらから


デザイングループ

建築大好きなデザイン集団。「予想を裏切って期待を超える」をテーマに、設計やデザインのことはもちろん日々の暮らしのアイディアを発信します。

RELATED COLUMN関連コラム

耐震補強について

本日は木造の耐震補強がテーマです。 2011年の東日本大震災以降、しばらくの間は耐震補強の問い合わせが多くあったのですが、最近は落ち着いて来ているのが実情です。...

2017.03.21 リノベーション/リフォーム

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせフォーム

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお申し込みもお待ちしております。

0120-871-713

受付時間 / 9:00~18:00 定休日 / 水曜日(祝日営業)