トップページ
トップ
ショップ紹介
アクセス
お問い合わせ
お問い合わせ
電話
TEL

COLUMNコラム

リノベーションの注意点とは?物件選びの際に知っておきたいこと

リノベーションの注意点とは?物件選びの際に知っておきたいこと


リノベーションは魅力的であり、素敵なリノベーション事例やこだわりのポイントなどにフォーカスした情報は世の中に多く流通しています。その一方で、リノベーションの際のデメリットや、リスク、注意点、失敗などにはあまり触れられることがなく、リノベーション後に後悔される方も中にはいらっしゃいます。この記事では安心して自分の理想の暮らしを実現させるために必要な注意点を解説します。










リノベーションの魅力とは


リノベーションの注意点とは?物件選びの際に知っておきたいこと

設計の自由度が高い

リノベーションは設計の自由度が高くデザイン性にも富んでおり、理想の間取りやおしゃれな空間を実現することができます。見た目だけではなく、住む人のライフスタイルや好みに合わせて家を作り変えることができるため、理想の家を手に入れることが可能です。

仕切り壁を取り払い、居室や和室とリビングをつなげ広げることや、キッチンをアイランドキッチンにしてLDKを開放的にすることもできます。また趣味用の部屋を作ったり、収納を充実させたりすることもできますし、天井や壁などの内装の色の変更など、多くの選択肢があります。

物件の選択肢が多い

設計の自由だけでなく、物件の選択肢も広いのがリノベーション物件の特徴です。新築の場合、好立地・好条件の物件は中々見つかりにくい傾向にあります。
これはアクセスの良い便利な場所には既に建物が建てられていることが多いことが理由として挙げられます。リノベーションの場合は既に市場にある中古物件を改装するため、家探しに中古物件という選択肢が加わります。そのため、条件に合う中古物件が見つけやすく結果的に物件の選択肢が多くなります。




リノベーションを検討する際の注意点


リノベーションの注意点とは?物件選びの際に知っておきたいこと

工事費用が想定より高くなるケースがある

実現できる幅が広いリノベーションだからこそ気をつけるべき点はいくつかあります。
選んだ物件の状態によっては当初の予定より工事費用がかかることもあり、予算オーバーになってしまう可能性があります。
一般的に築年数が浅い物件だと、表面がきれいなことが多いため、問題がないように思えてしまいますが、見えない箇所の劣化を確認できず、工事が始まってから判明するケースもあります。この場合、予定になかった追加の工事が必要になります。床下や配管の劣化は表面上は見えないため、物件の内覧だけで劣化しているかどうかを判断するのは難しいです。
リノベーション業者の担当者が住宅の状態をチェックしてくれることもあるので、依頼することをおすすめします。それでも不安な場合は住宅診断(ホームインスペクション)を利用し、工事前のリスクを審査することも選択肢に入れて良いと思います。

物件の種類によっては実現できないことがある

リノベーションを検討される際、中古マンションなどのいわゆる中古物件に目をつける方も多いと思います。物件を選定する際には、物件の種類、つまりは建物の構造によっては希望する間取り変更が行えない可能性もあるため注意が必要です。
マンションも戸建ても建て方によって間取り変更の自由度が異なります。特にマンションは戸建てと比べて制約が多い傾向があるので注意が必要です。

入居できるようになるまで時間がかかる

新築物件であれば契約から引き渡しまで最短1ヵ月ほどで完了しますが、リノベーション物件は、物件を決めてから住めるまでの期間が長くなります。それは、設計工程や施工工程を経て物件を引き渡すためです。
かかる期間も工事内容によって異なります。部分的なリノベーションであれば比較的短期間で完了しますが、フルリノベーションだと一度スケルトンと称される骨組みだけの状態に解体するため、部分リノベーションよりも時間がかかります。実施する施工内容によって期間に違いが出るため、どの程度の期間がかかるのかの目安は着手前にリノベーション業者に確認しておくことで、引き渡しまでのスケジュールを把握することができます。人によっては仮住まいが必要になるケースもあると思いますので、工期を把握しておくことは重要です。




【物件の種類別】リノベーションする物件を選ぶときの注意点


リノベーションの注意点とは?物件選びの際に知っておきたいこと

マンションをリノベーションする際の注意点

間取り変更が難しい物件もある

マンションの構造は大きく分けてラーメン構造と壁式構造の2通りがあります。
ラーメン構造は柱や梁で骨格を形成して建物を支える造りになっており、壁を取り除いても影響は少なく、間取り変更の自由度が高いのが特徴です。
壁式構造は耐力壁と呼ばれる壁を用いて建物を支える造りになっており、支えになっている壁は取り除くことができません。そのため耐力壁が含まれる部屋の壁を取り除いての間取り変更ができないことが多いです。

共用部分と呼ばれる箇所は原則リノベーションができない

マンションは専有部分と共有部分の2つに分けられます。
マンションでリノベーションが可能な箇所は専有部分だけになる点も注意が必要です。
部屋の中にある一部の設備も共用部分に分類されるので、事前に確認を行い、どこまでがリノベーションの対象なのかを把握しておく必要があります。
共用部分と聞くと、エントランスや廊下のみをイメージされる方もいるかと思いますが、玄関ドアや窓、サッシ、バルコニー、外壁なども共用部分に含まれます。

購入前に管理規約に目を通す

マンションには管理規約と呼ばれるものがあります。管理規約とは住民が快適に暮らすために定められたマンションのルールのことです。 リノベーションやリフォームに関するルールも管理規約で決められていることが多くあります。また禁止事項が書かれている場合もあるため、事前確認は必ず実施しましょう。
カーペット以外の床材の使用不可や水回り設備の移動禁止などが定められていることもあります。確認方法は業者に尋ねるか、もしくは管理組合や管理人に聞けば教えてくれることが多いです。

戸建てをリノベーションする際の注意点

2×4(ツーバイフォー)工法の戸建てとプレハブ工法の住宅は間取り変更に制限がある

マンションと同様に戸建のリノベーションの際にも工法・構造には注意が必要です。2×4(ツーバイフォー)工法やプレハブ工法の場合は、それぞれ耐力壁を用いて建物を支える構造のため、マンションの壁式構造同様にリノベーションできる範囲に制限があります。
反対に木造軸組工法(在来工法)の戸建ては木の柱や梁で家を支えているので壁を取り除くなどのリノベーション方法が採用でき、間取りの変更が可能になります。

増築の際は法律による制限を把握する

戸建てのリノベーションでは増築することも可能です。 ただ都市計画法や建築基準法などによって増築に関する制限が定められているため、注意が必要です。定められているのは容積率や建蔽率の上限のため、その場で業者に聞けばわかることも多いです。このような制限が設けられているのは周囲の住宅の日当たりの確保や火災発生時の安全などが理由になっています。




良いリノベーションを行うために心がけたいこと


リノベーションの注意点とは?物件選びの際に知っておきたいこと

物件選びは専門家の力を借りる

自身でリノベーションの希望が叶う物件なのかどうかを判断するのは難しいです。
物件の見た目だけでは判断できないポイントが多いため、専門的な知識や経験が求められます。物件購入とリノベーションを別の会社でお願いするために不動産会社(仲介会社)を使われることもあるかと思いますが、専門的な観点で見るためにはリノベーション業者に一貫してお願いすることをおすすめします。
リノベーションに知見のある業者の力を借りて自身が行いたいリノベーションの希望に沿った物件を探しましょう。

複数の業者に相談をする

リノベーション業者の選定については何社かに相談し、比較検討した上で信頼できる業者を決めることをおすすめします。一口にリノベーション業者といっても施工会社ごとにかかる費用や得意とする分野が異なるため、何社かに相談できると良いです。
事前相談や説明は無料で実施しているところが多いため、希望を伝えつつ検討してみましょう。色々な会社と打ち合わせをすることで費用相場も把握でき、スムーズにリノベーションを行えるようになるはずです。

リノベーションで実現したいことを具体化する

リノベーションで実現したいことが具体的であればあるほど、必要な費用やかかる工期がはっきりしやすいので、なるべく具体化させておきましょう。 具体化させるためには情報収集を行うと良いです。リノベーション業者が実際のリノベーション事例をWebサイトで公開している場合が多いので、事例を見て参考にし、実現したいことのイメージを固めておくことが重要です。他にもSNSなどでリノベーションの経験者が施工事例を発信していることもあるので、その情報を活用し、自身が叶えたいリノベーションのイメージを確認しておきましょう。




「専門家に相談することで理想のリノベーションを叶えましょう」


リノベーションの注意点とは?物件選びの際に知っておきたいこと

理想のリノベーションの実現には、自身で知識を身に着けておくことや、事前にイメージを固めておくことが大切にはなりますが、最終的には業社の協力を得ることが重要です。専門知識や、経験値から提案できるライフスタイルを加味したプランニングなど業社独自の知見を借りることで、より理想の住まいを実現できる可能性を広げることができます。

当社では、リノベーションだけではなく、住宅ローンなどの資金契約やリノベーション物件の紹介などトータルプランニングできる「ワンストップサービス」を提供しております。 資料請求やお見積もり、ご相談などお気軽にお声掛けください。





リフォームグループ

お客様の窓口として、ご来店から工事引き渡しまでを担当するリフォームプランナー。お客様のライフスタイルに関する様々なケースを実例を交えてご紹介します。

RELATED COLUMN関連コラム

中古マンション選びのポイント

ネット上には数万件におよぶ中古マンションの販売情報が掲載されています。この中から理想の住まいを探すのは、多くの手間と時間を要する難しい作業です。漠然とした考えのままで...

2015.05.28 不動産

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせフォーム

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお申し込みもお待ちしております。

0120-871-713

受付時間 / 9:00~18:00 定休日 / 水曜日(祝日営業)